貸し切りバスの申し込み方法

まずは複数の見積もりを!

貸し切りバスは路線バスなどと違い、1日いくらという定額料金はありません。貸切る団体の出発地や行き先、立ち寄る場所や利用時間、そして距離によって料金が異なるからです。そこでバスを貸切ろうという場合、まずは複数のバス会社から見積もりを取り寄せましょう。各バス会社のホームページを覗いてみると、最低料金の目安を提示しているサイトもあるので、見積もりを取り寄せる会社を選ぶ目安も立てやすくなっています。また、各バス会社の一括見積もりをしてくれる便利なサイトもあるので、急ぎで予約をしなければならない場合にも焦らず探すことができます。
見積もりを取り寄せたら、提示された金額や利用条件、サービスなどを比較して利用条件に合うバス会社を選びましょう。

バス会社を決めたら早めの予約を!

見積もりを取り寄せて、利用条件に合う会社を見つけたら早めに予約をしましょう。たとえ貸し切りバスを利用する当日までまだ十分に日があったとしても、予約は早いもの勝ちでどんどん埋まっていきます。見積もりを取った段階では空きがあったとしても、予約を先延ばしにしているうちに気が付いたら全て埋まっていた、などということにならないように、利用するバス会社を決めたら早めにその会社に直接予約を入れましょう。特に8月、10月、11月は貸し切りバスの繁忙期になるので注意しましょう。 各バス会社によって手続きが多少異なる場合がありますが、ホームページの予約フォームに入力したり、用紙に記入してファックスで送るなどの方法があります。もちろん電話で直接問い合わせる方法もありますが、行き違いを防ぐ為に記録に残る文書でやり取りするのがお勧めです。

貸切バスを東京で借りる場合、相場が高いと思っていませんか。実際はその様な事はありません。東京はバスの事業者が多いので、競争が激しい環境です。価格訴求をしている業者も少なく無いので要チェックです。